NPO法人チャレンジサポートネットJAPAN
コンテンツ 本団体とは < HOME

本団体とは

 「NPO法人チャレンジドサポートネットJAPAN」は、障害を持つ方やその家族が自ら社会に参加し、生活の糧(かて)を得て、安心して暮らすことができる。そうした生活をおくるための具体的な応援を続けてきた団体です。

 「チャレンジド」(「The challenged」)とは、「神から、挑戦という使命や課題、あるいはチャンスを与えられた人々」を意味する言葉です。

 アメリカ合衆国のJ.F.ケネディ大統領は、かつて就任後、提出した一般教書の社会保障の項目に「私はすべてのチャレンジドを納税者にしたい」と書き加えました。これは、障害者をとりまく社会を理解した、意味深い言葉と言えるでしょう。

 日本国憲法には「国民は就労の権利があり、納税の義務がある」と規定されています。「チャレンジド」も健常者も差別なく働くことができ、そして税金を納める。それは社会の一員としての責任ですね。

 「NPO法人チャレンジドサポートネットJAPAN」では、サポート会員がさまざまな支援を展開しています。それは、チャレンジドが自立し、安心して暮らしていくためのサポートです。

 「NPO法人チャレンジドサポートネットJAPAN」のサポートとは、障害をもったことを受けとめ、社会の一員として歩んでいく為の、便利な知恵や、役立つ具体的な方法や情報を活用する場を提供することです。

 それらは一方的に与え、与えられるものではありません。「チャレンジド」と健常者が、それぞれの体験と経験、知識と知恵を出し合い、支え合う手を出し合い、手をつないでいくことで生まれます。

 そして「チャレンジド」とその家族のみなさんが自分に合ったサポートを選び、積極的に活用することで、自分たちの人生を、もっと、わくわくして、喜びに満ちた人生にしていくことを目的としています。

 私ども「NPO法人チャレンジドサポートネットJAPAN」とともに、人生を楽しみながら、歩んでまいりませんか。

NPO法人 チャレンジドサポートネットJAPAN
(全国障害者支援福祉協議会)
全国視覚障害福祉学会事務局
日本赤十字社 有功会会員
理事長  松本 晃宜
info@challenged-support.jp


〒274-0077  千葉県船橋市薬円台3丁目16番5 606号
TEL:047-466-2041   フリーコール:0120-71-8103


設立趣旨書
定款条文